カノンの韓国地方便り。  ~大邱(テグ)、それからあっちこっち~

慶尚北道&テグ、それから韓国の地方の観光紹介やあれこれをのんびり掲載しているブログです。

大邱:澗松(かんそん)美術館所蔵作品が大邱美術館で鑑賞できるラストチャンス!(1)

<2018.7月ときめく大邱FAMツアー編①>

大邱@大邱美術館/대구미술관「澗松特別展」

f:id:kanon758:20180831115011j:plain

こんにちは。カノンです。

昨日までUPしていた韓方系FAMツアーに続き、

同じく7月に参加した

ときめき大邱ミュージカルFAMツアー

(ツアーの名前からして素敵!)の記事を

今日からUPします。

 

まず大邱美術館~。ここ大好きです。

展示が変わるたびにチェックしていますが、

2018年9月16日までは「 澗松特別展」を

開催しています。

はっきり言って最高でした!

 

7月にツイッターでも宣伝しましたが、

(RTしてくださった方々ありがとうございます!)

ソウルの澗松(かんそん)美術館所蔵の美術作品が

鑑賞できる、というすごい展示です。

 

f:id:kanon758:20180831115049j:plain

澗松(かんそん)美術館は、日本統治時代、チョン・ヒョンピル氏

が集めた優れた朝鮮美術の作品を展示する韓国初の私設美術館

として知られています。しかも1年に2回(5月、10月)15日ずつ

しかオープンしないので、開館の時期は長蛇の列ができるほどの

人気ぶりなんです。

 

それが!」広い広い大邱美術館で長期に渡って開催される

ことで、ゆったり鑑賞できるという、こんなおいしい機会、

行かずしてどうしましょう!

 

この美術展、韓流ドラマファンの皆さんにもオススメしたいのは、

、例えば、ドラマ「風の絵師」の、キム・ホンドの作品や、有名な

歴史上の人物の作品も多くあること。

 

中でも、目玉の一つ、

シン・ユンボクの美人図なども見逃せない作品です。

 

f:id:kanon758:20180831115751j:plain

 いきなり目玉の作品からUPしちゃいましたが、

こちらが本物を見れて感激してしまった

신윤복(シン・ユンボク/申潤福)の「美人図(미인도)」

です。

 

あれ?見たことある?と思った方もいるかもしれません。

あまりにも有名な作品なので、どこかで見かけたという

方もいると思います。

 

あとですね、韓国プチプラコスメが

好きな方は、Face Shopの美人図シリーズで、もしや?

と思った方もいるのでは?最近はパッケージにこの絵が

載っていないようですが、昔販売されていたものには、

この絵が使用されていました。

 

それから、シン・ユンボクと「美人図」をめぐる文芸ロマン

映画「美人図(2010年)」もありますよ~。

キム・ナムギルとキム・ミンソン主演です。

 

と、こんなふうに、さまざまな商品や映画、ドラマなどに

ひっぱりだこの作品なのです。

 f:id:kanon758:20180831121211j:plain

김정화(キム・ジョンヒ/金正喜)の적설만산(積雪満山)。

朝鮮時代末期の作品。

f:id:kanon758:20180831121907j:plain

 장승업(ジャン・スンオプ/張承業)

엄하분류(岩下奔流)と 운중추성(雲中秋聲)。こちらも

朝鮮末期。近くで見るとすごく細かい部分まで描きこまれて

いて、惹き込まれました。

f:id:kanon758:20180831122517j:plain

朝鮮時代の絵の中にもおしゃれでかわいい絵も

たくさんあって、

(と、こんなことを言うと、美術の専門家の方からは

そんな鑑賞の仕方あるか!と叱られちゃいそうですが

(笑)

この정선(ジョンソン/鄭敾)↑↑の사과투서(西瓜偸鼠)とか、

f:id:kanon758:20180831123615j:plain

추일한묘(秋日閑猫)↑↑など、かわいい……。

植物と昆虫・動物が一緒になった絵も多いようで、他にも

何枚か素敵な作品がありました。朝鮮後期の作品です。

 

f:id:kanon758:20180831123959j:plain

そしてこちらが、あのシンサイムダン/申師任堂の포도(葡萄)

です。この絵もあまりにも有名です。

現在の5万ウォン紙幣に描かれている人物はシンサイムダンで、

その横にこの絵が印刷されているのです!

美しかったです。とても。

f:id:kanon758:20180831125111j:plain

こちら↑は同じくシンサイムダンの

훤원석죽(萱菀石竹)귀비호접(貴妃蝴蝶)。

優雅な感じがします。花の赤が印象的。

f:id:kanon758:20180831133248j:plain

김홍도(キム・ホンド/金弘道)の모구양자(母狗養子)。

朝鮮時代後期の作品です。

かっかわいい!(またかわいいとか言う…^^;;)

この方も他に蝶を追う猫の姿を描いたものなど、

必ずしも朝鮮美術に精通していなくても、

親しみやすい、美しい絵が多いな、という印象です。

f:id:kanon758:20180831133952j:plain

手前の文字が多く並ぶ作品、すぐお隣からは、

f:id:kanon758:20180831134247j:plain

818センチもの長さある심사정(シムサジョン/沈師正)の

촉잔도권(蜀棧圖卷)という絵が続いています。

この絵もまたすっごく細部まで描かれていて、

端から順に眺めていくと、人々が活動する様子や草木の様子

まで、どれも生き生きとしていて面白いです。

 

長くなったので、ページを変えて明日また続きをUPします。

 

澗松(かんそん)美術館所蔵作品が大邱美術館で

鑑賞できるラストチャンス!(2)へ続く。

 

<DATA>

■大邱美術館/대구미술관

데구광역시 수성구 미술관로40

053-803-7900

10:00~19:00

※澗松特別展8,000ウォン

月曜休館

[Google MAP]

 

daegu.hateblo.jp