カノンの韓国地方便り。  ~大邱(テグ)、それからあっちこっち~

慶尚北道&テグ、それから韓国の地方の観光紹介やあれこれをのんびり掲載しているブログです。

南原(남원):広寒楼苑(クァンハンルウォン)で春香伝の物語を辿る

<2018.南原FAMツアー編①広寒楼苑/광한루원>

f:id:kanon758:20181115124225j:plain

こんにちは。カノンです。

今日からしばらくは、先週参加してきました

南原FAMツアーの報告をさせていただきます。

 

南原(남원)市は、

  • 全羅北道(전라북도)の南東部にある。
  • 南原と言えば、古典小説の「春香伝」の

         舞台とされた場所。  

  • 春香伝関連のテーマパークや、観光地がある場所でも

         ある。韓国では有名なミス春香大会などのイベント

         も開催されている。

  • 智異山(チリサン/지리산)へのアクセスが良い場所

        として知られている。

  • どじょうのスープ추어탕(チュオタン)が有名。

 

と、簡単に南原をご紹介したところで、

今日は広寒楼苑(クァンハンルウォン)です。

f:id:kanon758:20181115124252j:plain

正門のすぐ隣に入場券を買う場所があります。

f:id:kanon758:20181115124345j:plain

大人(個人)3,000ウォン、中・高生は2,000ウォン、

小学生は1,500ウォンです。65歳以上の方は無料なので、

パスポートなど、年齢が確認できる身分証を提示すれば

OKです。

f:id:kanon758:20181115124911j:plain

           (c)ナビ♪クニャンカジャさん

門をくぐると、さっそく春香(チュニャン)と

夢龍(モンニョン)の姿が。フォトスポットですね~。

 

春香伝って何?という方は、参考までにこちら、

Wikipediaの「春香伝」をちらとご覧くださいませ。

 

私が最初に「春香伝」の物語を知ったのは、

CLAMPの漫画「新・春香伝」でした。そのずいぶん後に

イム・グォンテク監督の映画「春香伝춘향뎐)」(2000年)

を観て甚く感動しまして。パンソリの魅力はこの映画で

知ったと言っても過言ではありません。

素晴らしい映画でした!

 

広寒楼苑は、春香伝の物語の舞台と言われるだけあり、

要所に関連エピソードがあります。

f:id:kanon758:20181115131157j:plain

↑烏鵲橋(オジャッキョ/오작교)は、1582年に造られた橋で

長さは57メートル。春香と夢龍が愛を交わした場所と

いうことで、恋人の聖地ともなっているようです。

この橋を渡ると”夫婦円満”や”子孫繁栄”などのご利益があるとか。

池には”こい(恋)”を呼ぶ、ということで、鯉がたくさんいます。

f:id:kanon758:20181115132010j:plain

↑こちらが広寒楼(クァンハンル)です。宝物第281号

に登録されています。平壌の浮碧楼、晋州の矗石楼、

蜜陽の嶺南楼と並んで4大楼と呼ばれています。f:id:kanon758:20181115132625j:plain

紅葉と並ぶと本当に風流で美しいですね……。

f:id:kanon758:20181115134856j:plain

裏側へ回るとこのようになっています。

この柱の部分は、かつては、まわりを板で囲んだ状態で

牢獄として使用されていたようです。ちょっとその当時の

様子を想像してみても…あまりの過酷な状況に気分が

滅入ります。楼上では裁判を行っていたそうです。

f:id:kanon758:20181115140923j:plain

華やかな装飾に象の彫り物が。動物の中でも大きく立派な

象を配しています。

f:id:kanon758:20181115133029j:plain

建物が水面に反射して映る様子も、いとをかし……。

f:id:kanon758:20181115133320j:plain

いや、ほんとに、”いとをかし”、という表現がぴったりです。

紅葉した葉が水面に浮かぶ様子もまた秋ならではの

美しい光景ですね~。

f:id:kanon758:20181115133451j:plain

この↑立派な木は樹齢400年以上とのこと。

f:id:kanon758:20181115140726j:plain

烈女春香祠。中には春香の肖像画が。

f:id:kanon758:20181115142510j:plain

祠堂の入り口上部に亀とうさぎの彫り物があり、

これが春香伝の物語と何の関係が……と思いきや、

直接の関係はないそうで。ただ、賢いうさぎの様子を春香に

重ねたとか。

※韓国では有名な亀とウサギの逸話があります。

 日本のウサギと亀ではないですよ。

f:id:kanon758:20181115142558j:plain

こちらは春香のお母さんである月梅(ウォルメ)の家です。

春香と夢龍が生涯共に生きよう、と約束を交わした場所でも

あります。映画の中でもこのシーンはすっごく印象的です。

f:id:kanon758:20181115191207j:plain

鶏小屋の再現も。朝鮮時代の家屋にはマダン(庭)に

このような家畜を飼うスペースがありますね。

f:id:kanon758:20181115191343j:plain

門をくぐって正面。

各部屋の様子を見ることができます。

f:id:kanon758:20181115191327j:plain

 当時の台所の様子。あの大きな窯で炊いたごはんや

料理の数々、さぞ美味しかったろうなあ…。

f:id:kanon758:20181116151115j:plain

こちらは春香伝の百年佳約(백년가약)、生涯を共にする

という約束の印を春香のチマに書いているところ。

映画でもそっくり同じシーンがあります。

f:id:kanon758:20181116151551j:plain

 映画では、春香がチマを広げているんですが、近づいて

みたら、そういう状態にはなってませんでした^^;

f:id:kanon758:20181117111929j:plain

あ、かわゆい……。仲睦まじく座る春香と夢龍の姿が

あります。ここは皆さんお金を投げ入れたりしているようで

コインが散らばっているのが見えました。恋愛成就などを

願うんでしょうかね^^

f:id:kanon758:20181115142717j:plain

月梅の家を観て外に出る頃には、あたりは暗くなっていて、

門の外にぶらさがった青紗一籠(チョンサチョロン)に

灯が点っていました。

f:id:kanon758:20181117112057j:plain

出口から外に出ると、お土産屋さんがいっぱいありました。

うわー寄りたい~と思いましたが、残念ながら次への移動で

横目で眺めただけで通り過ぎました。

 

広寒楼苑いかがでしたか?

慶長の役で焼失した個所を1626年に再建しているそうで、

朝鮮時代の庭園様式そのままだそう。当時の様子を知るには

絶好の場所ですね~。

 

今回のFAM中に2度訪れましたが、景観がほんとに素晴らしく、

雰囲気のいい場所だなあ、と。特に、個人的な印象ですが、

カラっと晴れた日よりも、ちょっと曇って霧が

かかったような日がより美しい場所なんじゃないか、と。

 

 

ここで映画やドラマなんかも撮影されていますが、

ここで撮ったらそりゃあ絵になるだろうな、という

感じです。ちなみにJYJユチョン主演の「屋根部屋のプリンス」や、

イ・ビョンホン主演の「光海 王になった男」、ユ・アインと

キム・テヒ主演の「張玉貞 愛に生きる」などの撮影地でもあります。

他にも「チュオクの剣」とか、「怪傑春香」とか、「風の絵師」とか、

もういろいろ!!

 

つまり、韓流映画・ドラマスポット!ということです!

 

南原のマストスポットですよ~!

 

では、また!

 

<DATA>

■広寒楼苑/광한루원

남원시 요천로1447

063-625-4861

観覧時間:夏季8:00~19:00   

     冬季8:00~18:00

無料観覧可能時間:夏季19:00~21:00   

         冬季18:00~20:00

※夏季→4月1日~10月31日

   冬季→11月1日~3月31日

[Google MAP]

 

※↓↓↓観光に関するご相談は、

南原市庁観光課박연임(朴ヨンイム)さん

063-620-6165

でも、対応してくださいます。