カノンの韓国地方便り。  ~大邱(テグ)、それからあっちこっち~

慶尚北道&テグ、それから韓国の地方の観光紹介やあれこれをのんびり掲載しているブログです。

南原:韓国らしい雰囲気ある南原のホテル、春香家(チュニャンガ)

<2018.南原FAMツアー編③:春香家/춘향가>

f:id:kanon758:20181120092445j:plain

こんにちは。カノンです。

今回のFAMツアーで泊まった場所は、春香家(チュニャンガ)

という名の韓国伝統スタイルのホテルです。韓屋ではなく、

韓屋風に建てられたホテルなので、水回りも便利です。

 

春香(チュニャン)テーマパークに隣接しています。

※地図上で見ると、テーマパーク敷地内ですが、パークは

いちおう入場料が必要なエリアなので、隣接、としました。

f:id:kanon758:20181120092522j:plain

正面玄関を入ると、こんな感じ。

f:id:kanon758:20181120092558j:plain

こちらフロント。

f:id:kanon758:20181120092658j:plain

フロントを抜けると、両サイドに廊下があり部屋に

つながっています。

f:id:kanon758:20181120092738j:plain

廊下天井。なんかすごく凝っているというわけじゃないん

ですが、とにかく木のあたたかさ、というか、アットホーム

な雰囲気ではあります。

f:id:kanon758:20181120092836j:plain

廊下つきあたり。伝統チックな装飾ですね。

f:id:kanon758:20181120092909j:plain

さてお部屋。カードをピっとあてると開きます。

f:id:kanon758:20181120093902j:plain

お部屋を掃除してほしい方は、出かける前にこのキーを

フロントに預けます。

f:id:kanon758:20181120093916j:plain

お部屋に入ったら、入り口すぐのところに差し込む。

と、電気が使えます。

f:id:kanon758:20181120101057j:plain

部屋の内側から鍵をかけられるタイプではありません。

韓国のアパートで一般的な、自動で鍵がかかるタイプの

お部屋ですね。

f:id:kanon758:20181120092951j:plain

中に入ると、こじんまり。でも泊まるだけなら文句なしです。

私が使った部屋は最も一般的なお部屋のようです。他に、

春香(チュニャン)とか、夢龍(モンニョン)とか、

名前のついたお部屋が数種類あります。どれも少しづつ

内部インテリアが違うようです。

>>>お部屋のタイプ

f:id:kanon758:20181120093102j:plain

さっきのテレビがある空間の隣にベッドルームがあります。

f:id:kanon758:20181120093143j:plain

ダブルベッド。

春香家の部屋はごく一部の部屋を除いてこの

スタイルで、つまり同伴者と一緒にベッドを使うのが

前提(笑)。恋人同士、夫婦、(あるいはつきあう

ちょっと手前のいい感じになりかけの男女には

最高のシチュエーション!)じゃなかったら、

ちょっとこれは……。

 

お友達同士で訪れる方は、フロントに言えば布団を

もらえます。一人はベッドで、一人は床で、と。

ちなみに布団はすっごく薄いですよー。^^;

ベッドはですね、間違いなくいいスプリングマットは

使われてないです。でも、疲れた状態で眠るには

問題はないかと。

f:id:kanon758:20181120094138j:plain

部屋の中央には机とさぶとん。

f:id:kanon758:20181120094207j:plain

お茶用のポットとコップ。

f:id:kanon758:20181120094235j:plain

それ以外にも、電気ポット、コーヒー、ティーパックなど

もありました。このすぐ下には冷蔵庫があって、

f:id:kanon758:20181120094323j:plain

水は2本サービス。つまり1人1本づつ。毎日くれるようです。

f:id:kanon758:20181120094411j:plain

壁掛けテレビ、

f:id:kanon758:20181120094431j:plain

Wi-Fi完備。内線&外線対応の電話機。

f:id:kanon758:20181120094530j:plain

ドライヤー、綿棒、くし、化粧水なども置いてあります。

f:id:kanon758:20181120094607j:plain

バスルームは、バスタブなし。

でもお手洗いとシャワーの場所が離れているので、

全体がびしょびしょになることもなく、その辺は

いいんじゃないでしょうか。

f:id:kanon758:20181120094702j:plain

シャワーも水圧かなりよかったです。

頭にシャワーっとお湯をかけると、頭皮がばんばん刺激

されて、ちょっとした頭皮マッサージ効果もあったくらい(笑)

f:id:kanon758:20181120094820j:plain

トイレはシャワレット~。

今時、韓国ではだいたいどこもこの機能つきのものが

基本となりましたね~^^

f:id:kanon758:20181120101241j:plain

バスルームには、左のピンクの袋の中に

はぶらし、歯磨き粉、かみそり、クレンジング、

ボディタオルが入ったセットが置いてありました。

f:id:kanon758:20181120094952j:plain

部屋の電気は壁に取り付けられている↑これで

全て消灯可能。

f:id:kanon758:20181120100029j:plain

こっちは床暖房のスイッチ。

初日、部屋にはいるなり、うわー!あったかーい、

という感じだったんですが、部屋が狭いので

あまり温度が高い状態だとめっちゃ暑くなります。

床に布団敷いて寝ると、もう暑い暑い。とても

寝られません!

 

なので、到着したら、まず部屋の温度を自分好みで

設定しなおしておきましょう~!あるいはもう切るか。

 

2日目は朝から電源を切って出かけたのですが、

お部屋の掃除に入ってもらたため、また27度ぐらいに

設定しなおされていて、やっぱり部屋に入ったら

あったかーい!という状態でした^^;;

 

私が利用したのは11月も初旬でしたので、真冬は

この限りではないかもしれませんが、床暖房、

相当効くのでいろいろ調節が必要かと思います!

 

あと、1階の部屋を利用される場合は、窓の鍵が

かかっているかどうか、就寝前、お出かけ前には

確認することをおすすめします~。

初日、鍵がかかっていない状態だったことに気づかな

かったので……。^^;;

f:id:kanon758:20181120100857j:plain

お部屋の天井、わりと凝ってますね。お部屋は問題ない

くらいに明るかったです。

 

と、お部屋はこんな感じですね。

基本的に2人で使用できます。3人の場合は、布団を

借りて利用可能です。お部屋は清潔でした!

(でも、レンタルしたお布団(無料)は髪の毛がちょっと

ついてたりしましたが…)

 

韓国らしい雰囲気で宿泊でき、

アクセスも便利な場所にあるので、南原観光には

良い条件にあるかな、と思います。

 

f:id:kanon758:20181120203618j:plain

 お部屋以外の場所にいきます。

↑は階段の踊り場。

f:id:kanon758:20181120203807j:plain

 階段を3階まであがると……

f:id:kanon758:20181120203739j:plain

 お部屋が2つだけの空間。スイートかな?

f:id:kanon758:20181120204622j:plain

階段の途中にはこんな刺繍が。

f:id:kanon758:20181120204649j:plain

刺繍の作品いいですね。素敵です。

f:id:kanon758:20181120205033j:plain

2階の階段を上がってすぐの場所には休憩所。

休憩所というとダサいか。憩いの場です!

f:id:kanon758:20181120204755j:plain

コンピューターも置いてありました。

f:id:kanon758:20181120205147j:plain

この憩いの場から見た風景がわりと良かったですよー。

紅葉した山がきれいですね~。遠くに観覧車が見えますが、

ちょっとした遊園地があります。

f:id:kanon758:20181120205422j:plain

地下にはこんな会議室?のようなスペースがありました。

ここは一般の宿泊客には関係ない場所ですね^^;

f:id:kanon758:20181120205509j:plain

春香家は、この門を通り抜け、少し行った場所で右折、

山を登ればすぐのところにあります。

この門の向こう側が、飲食店をはじめ、

f:id:kanon758:20181121091009j:plain

いくつかお店が並び、劇場などもあるようでした。

つまり、この一帯が一大テーマパーク、という。

(といっても静かで閑散としてますが……。

f:id:kanon758:20181121090922j:plain

観光案内所もあります。

 

f:id:kanon758:20181121091035j:plain

染色体験など、手作り体験をできるお店もありました。

再びホテルの話に戻りまして、

f:id:kanon758:20181121091136j:plain

↑このように、イベントがあるときなどの指定宿泊

施設とされているようです。

f:id:kanon758:20181121091238j:plain

↑こちらは2011年に優秀な宿泊施設に選ばれたようで、

そのシールが貼ってありました。

f:id:kanon758:20181121091340j:plain

 ↑まあこちも似たようなもので、まあとにかく選ばれた

宿泊施設だぞ、という。でもそれなりに納得できます。

私ももう一度宿泊してもいいな、と思っているので。

f:id:kanon758:20181121091523j:plain

立派な門構えですね。

この場所から山々の方角を眺めると、やはり美しかったです。

f:id:kanon758:20181121091602j:plain

 この広い駐車場が、夜には車でいっぱいになっていました。

人気があるみたいですね。

 

では、春香家、いかがでしたでしょーか!

では、また。

 

<DATA>

春香家/춘향가

남원시 이현동37-121

063-636-4500

ルームフィー参考

[Google MAP]

※↓↓↓観光に関するご相談は、

南原市庁観光課박연임(朴ヨンイム)さん

063-620-6165

でも、対応してくださいます。

日本語OK。