カノンの韓国地方便り。  ~大邱(テグ)、それからあっちこっち~

慶尚北道&テグ、それから韓国の地方の観光紹介やあれこれをのんびり掲載しているブログです。

南原(ナムウォン):国楽の聖地で楽器を作る。

 

<2018.南原FAMツアー編⑦:国楽の聖地/국악의성지>

f:id:kanon758:20181209124548j:plain

こんにちは。カノンです。

南原といえばパンソリ。

パンソリ

「国楽の聖地」は、約74,540㎡の広い面積の敷地内に、

民俗国楽室、国楽室、国楽公演室、パンソリ記念館、

2つの国楽体験室があります。

f:id:kanon758:20181209124618j:plain

駐車場から建物へ移動する間にも、f:id:kanon758:20181209124916j:plain

国楽に使用する韓国伝統楽器のモニュメントが

あったりします。

f:id:kanon758:20181209124943j:plain 

この施設、建物がとにかく立派。

f:id:kanon758:20181209125002j:plain

緑溢れる土地の真ん中にど~んと立っています。

大統領官邸、青瓦台を思わせる風格です。

f:id:kanon758:20181209125308j:plain

「国楽の聖地」 解説士のチョン・ケイムさんが

歓迎のパンソリを披露してくださいました。

素晴らしい歌声でした~^^

f:id:kanon758:20181209130320j:plain

建物1階には韓国の国楽に関する展示があります。

f:id:kanon758:20181209130440j:plain

これがなかなか面白くて、

f:id:kanon758:20181209130551j:plain

それぞれの楽器の歴史なんかや、器楽様式である散調

についての解説などもあります。

f:id:kanon758:20181209130611j:plain

日本語の解説がついていないのが……ちょっと残念ですが、

韓国語の分かる方はじっくり読みながらご覧になると

とっても面白いと思います!

f:id:kanon758:20181209130910j:plain

楽器の展示もあり、

f:id:kanon758:20181209130200j:plain

 展示の仕方も美しくていい博物館だな、と。f:id:kanon758:20181209131212j:plain

2階へむかう階段途中にも楽器の展示があります。

f:id:kanon758:20181209135539j:plain

2階には民族衣装、パンソリの小道具などの展示も

ありました。

f:id:kanon758:20181209135635j:plain

f:id:kanon758:20181209135811j:plain

そして、同じく2階の広い部屋でチャング(チャンゴともいう)

作りをしてきましたよー。

f:id:kanon758:20181209140127j:plain

チャングって何?という方のために、最初に完成品を

載せちゃいます。↑↑2本の木のスティックで両側の

太鼓の部分をリズミカルに叩く楽器です。

f:id:kanon758:20181209140251j:plain

楽器作りセットをいただきます。

体験費は1人2万ウォン。1人~でも体験OK。

予約も不要、とのことです。

(ですが、万が一のこともあるので、絶対この体験を

してみたい!!という方は、事前アポをとることを

個人的にはオススメしたいです。せっかく行ったのに

たまたま材料がなかった、とかでは残念ですからね^^;)

f:id:kanon758:20181209140510j:plain

中はこんな感じ。これを組み立てます。

f:id:kanon758:20181209140605j:plain

フックをかけて、紐を通して、

f:id:kanon758:20181209140832j:plain

みんな真剣です。

f:id:kanon758:20181209140905j:plain

組み立てるだけではあるので、難しいはずはないんですが、

太鼓の部分がずれないように紐を通したり、結び目を

作ったりする部分でちょっと苦戦しました。

できあがったものは持ち帰りできます。思わぬお土産

ができました^^

f:id:kanon758:20181209141100j:plain

こちらでも解説士の方がチャング演奏を披露してくだ

さいました。かなりの迫力でした。

チャングは私もなんどか体験した

ことあるんですが、いろいろある楽器の中でも一番

難しいんじゃないか、と。とにかく一定のリズムで

叩き続けるのも難しい。チャンゴの奏者、かっこいいです。

 

「国楽の聖地」、名前も素敵ですが、手作り楽器体験も

できてなかなか楽しかったです!南原に来たら、ここは

少しの時間でも寄ると良いのでは、と思います^^

では、また。

 

<DATA>

■国楽の聖地/국악의성지

住所:남원시 운봉읍 비전길69/南原市雲峰邑ビジョンギル69

TEL:063-620-5740

[Google MAP]

ホテル春春家からタクシーで約35分の距離。

※↓↓↓観光に関するご相談は、

南原市庁観光課박연임(朴ヨンイム)さん

063-620-6165

でも、対応してくださいます。

日本語OK。


daegu.hateblo.jp

daegu.hateblo.jp