カノンの韓国地方便り。  ~大邱(テグ)、それからあっちこっち~

慶尚北道、大邱を中心に韓国の地方をガイドブック形式でのんびり掲載しているブログです。

南原(ナムウォン):南原路地裏の風景

南原(ナムウォン)@路地裏散策をする。

f:id:kanon758:20190613110552j:plain

こんにちは、カノンです。

路地裏は好きです。

たぶん随分昔から好きでしたが、

路地裏好きだなあ、と実感したのは

中国にいた頃です。

 

特に北京の胡同(フートン)とよばれる

路地裏(北京市旧城内をめぐる細い路地のこと)

が大好きでした。胡同を歩いていると、自分だけが

カラーで浮き上がってしまっているような、

妙になじみ切れない感覚がありました。

なじみ切れないというのは、つまり、

胡同の中に漂う昔から変わらない空気感とか、

そこで生活する人たちの素朴な生活感。時が止まって

しまっているような光景があり、それがまるでセピア色。

だから、自分なんかが歩いていると、それだけでもう

景観破壊をしているような気になってくる。

つまり馴染めてない。

 

 

 

まあ、私はただ、なんとなく好きなだけなの

だけれど、それでも

道を歩いていて、細い路地を見つけると

”その先にある何か”が気になって、ふらふらと

入っていってしまう。

 

よく同行者には、

「ちょっとちょっとどこ行っちゃうのよ!」

と引き止められます。

f:id:kanon758:20190613110621j:plain

南原の路地裏もかなりインパクトが

ありました。いわゆる中心街なるものの規模

が小さいことや、市民の高齢化、

いまいち町おこしができていないこと

など、たぶん要因はいろいろあるのでしょうが、

町の中核となる場所に、それは静かで無人

路地裏がかなりある。

(私的にはそういうのが魅力にも感じます。)

f:id:kanon758:20190613110804j:plain

歩きながら、もっと昔、60年代とか70年代あたりの

町の様子を見て見てみたいな、と。

f:id:kanon758:20190613110852j:plain

例えばソウルの路地裏とか、大邱の路地裏を歩いていても

さほど大袈裟にタイムトリップ的な感覚には陥らない。

でも、南原はなんというか……胡同のそれとも

違う。ただなんか歩いていると、現実の世界を

歩いていないような錯覚に陥る。

f:id:kanon758:20190613111203j:plain

もちろんそんな気分になるのは何故か、分かっては

いるんだけど、書くのはどうも憚られます。

f:id:kanon758:20190613111332j:plain

兎にも角にも魅力あり。

できるならどこまでも歩いてみたい。

f:id:kanon758:20190613111739j:plain

f:id:kanon758:20190613112652j:plain

f:id:kanon758:20190613112714j:plain

南原路地裏散策でした。