カノンの韓国地方便り。  ~大邱(テグ)、それからあっちこっち~

慶尚北道、大邱を中心に韓国の地方をガイドブック形式でのんびり掲載しているブログです。

大邱(テグ)@砧山洞/チムサンドンの眼鏡ストリート

大邱(テグ)@砧山洞/チムサンドンの眼鏡ストリート

f:id:kanon758:20180313123534p:plain

こんにちは。カノンです。

 

私は眼鏡、悲しいほど似合いません。

オシャレ用に伊達眼鏡なんかもかけてみたいな、

と思ったりもするんですが、これがどれもこれも

また似合わないこと!悲しい限りですㅜㅜ

 

平昌オリンピックで有名になった韓国カーリング女子

チームの眼鏡先輩。あのキリっと具合がカリスマ

たっぷり。あの大きいフレームの眼鏡をかけるのは相当

難易度高いはずなのに、ちゃんとしっくりきてて、

しかも美人度が落ちてない!

 

あの眼鏡は大邱(テグ)の某眼鏡製造会社が販売している

そうですが、今、売れに売れているみたいですね。

 

韓国では、80年代には、眼鏡先輩がかけているような

あのおっきなフレームの眼鏡が一般的だった、というか、

あのスタイルが流行りだったようで、その頃の写真や

映像の類を見ると、みんな眼鏡先輩のようなメガネをかけて

いたりしました。

 

あの頃のように、再び、でっかいフレームの眼鏡

ルックが流行する日が来るでしょうか……。

 

流行ったらどうしよう。

なんのメガネも似合わない私は

流行に乗れないこと間違いなしでしょう……。

 

今から余計な心配をする私でした……。

 

そんなことはさておき、韓国の眼鏡フレームの

製造業者の8割以上は、なんと大邱(テグ)にあり~!

 

 침산동(洞/チムサンドン)には、안경거리(アンギョンコリ)なるもの

があって、訳すと眼鏡ストリートですね。

あちこちにあるメガネのモニュメントが結構面白かったりします。

2009年に作られたこのストリート、一帯メガネ屋さんとか、関連店舗

があったりします。

 

大邱(テグ)の眼鏡産業は70年代から急成長し、一時はイタリア、中国、日本(は

福井県ですね。)と並ぶぐらいまで成長したようですが、

市場競争の中、眼鏡生産も危機が多数あり、少し失速してしまったようです。

 

以前、(大邱で)タクシー乗車した際、運転手さんとの会話の

中で聞いた話ですが、若い頃は眼鏡産業に携わっていて、

出張で日本によく出かけた、という方や、日本で眼鏡を販売していた、

という方もいらっしゃいました。たまたまこういう方にあっただけで、

決してこういう方が多数ではないですが、眼鏡の話でふと

思い出しました。70年代から2000年代の前半までは、大邱(テグ)の

眼鏡産業が活発だった時期ですから、それくらいの時期に眼鏡

業界に携わっていた方だったのかもしれないな、と。

 

トップの写真は、신천대로(新川大路/シンチョンデロ)の

にバーンと立つ眼鏡のモニュメント。結構なインパクトです。

 

 

では、また。